■心を病む可能性

現代はストレス社会だといわれています。

そのせいか精神的な疾患や心を病む人達が増えているそうです。
うつ病という病気も定着し、以前はちゃんとした病気として世間に認知されて
いませんでしたが、今ではだいぶ世間の人達にも知られるところとなりました。

うつ病の発症原因は心と脳のメカニズムにあるといわれています。

うつ病の原因は、ストレス過多により脳内の神経細胞が傷ついてしますこと
だそうです。ストレス過多になると活性酸素を生みだし、活性酸素により
神経細胞が傷つくのだといわれています。

またこういった心の病であるうつ病になりやすい人は、まじめで几帳面な
完璧主義者に多いと言われています。

まじめすぎるがゆえにとても疲れやすくストレスを溜めやすいのだそうです。

また女性は男性よりもうつ病の危険が高いのだそうです。
その理由は女性には妊娠や出産という女性特有のライフイベントがあります。

それ自体にもそうとうなストレスを伴いますが、その前後には体内のホルモンバランスが
急激に変化するためうつ病などにかかりやすい状況だそうです。

もしうつ病が疑われるような症状に陥ったら自分で解決しようとはせずに
専門家に相談することが大事です。こじらせてしまうと回復までに時間がかかる
ようになります。

自分を見つめ直すことが大切精力剤の特徴について