■ストレスをためない工夫

現代はストレス社会です。ほとんどの人が何らかのストレスを抱えて日々生活しています。

ストレスを完全になくすのはおそらく難しいでしょう。
大事なのはストレスとうまく付き合っていく事なのです。

どうしてもストレスで押しつぶされそうになった時には、自分自身を見つめ直す
ことも必要です。自分自身と対話することが大事なのです。

自分が何を求めているのか?どうなりたいのか?など自分の今直面している
問題と対峙する機会をもつことが大事なのです。

また自分自身のストレス解消法を見つけることが非常に大事です。

ストレスの原因となっている出来事を忘れる時間をもつことも体にとっては
大事なことなのです。

特に女性は男性より、心の病気やうつ病になりやすいと言われています。
なんどその確率は男性の2倍といわれています。

特に更年期障害といわれる閉経後は、ホルモンバランスが乱れるために
うつ病などになりやすいと言われています。

男性も50代になると、男性ホルモンの分泌量が減少しているため、
男性更年期障害になりやすくなります。

男性ホルモンが減少するとネガティブになるので、うつ病のリスクも高く
なると言われているのです。

こういったうつ病などの可能性を感じた場合は自分で解決を試みずに
専門家に相談することが大事です。

サラサラ血になりやすい食生活について心を病む可能性について